ブロンド製のトロフィーとして人型のもの

銅像といいますと、著名な人のものを思い出します。歴史上の人物などが、その人の出身地であったり、功績を残したところに立てられるということがあります。ある歴史上の人物においては、東京と出身地の2つがあるということです。それぞれにおいて表情が異なるようですが、さらにどちらも本人とはかなり違うとされています。その人自身の写真が残されていないので、その人を知る人が少ないということです。その銅像を見て奥さんがあまりにも違うと悲しんだということです。そういったものを残すときには、正確なものを残したいところです。銅像といいますとかなり功績を残さないと作ることができないでしょう。でも、ちょっとがんばれば銅でできた勲章をもらうことができる場合があります。それはブロンド製のトロフィーということになります。その中でも一般的に見られるものとして、人をかたどったものになります。こちらに関しては、いろいろな賞において利用されるので見たことがある人も多いと思います。より功績を残したということを印象付けることができることになります。像の下の部分のプレートにどのような賞かなどを刻むことができますから、オリジナルのものができます。

ブロンド製のトロフィーはモチーフを形にできる

1位になると金メダル、2位は銀メダル、3位は銅メダルということが一般的にされています。これが定められたときの価値の差ということなのだと思いますが、現代においてもこの順位は変わっていません。でも金よりも価値のあるものもあります。プラチナといいますと金よりも高くなっています。ですから、ゴールドカードの上にプラチナカードというものがつけられることがあります。メダルというのは平面的に表現できますから、いろいろなものを形作ることができます。スポーツシーンなどにおいても、それぞれの競技に合わせて作りやすくなります。一方立体のものとなるとそのモチーフを形にするのが難しいということがあります。豪華に見えるクリスタルですが、これによって形作るものはあまり見かけません。一定の技術が必要になるということなのかもしれません。その点ブロンド製のトロフィーにおいては、いろいろなモチーフのものを見かけることができます。スポーツだけでなく、人であったり、女神などを表現しているものもあるということです。さらには、オリジナルのものを作ってもらうことも可能ということです。ですから希望に応じて像を作ってもらって、賞として渡せます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*